ワキ脱毛をしたいから

妊娠中や産後すぐに脱毛することはできる?

脇毛の脱毛方法 脇に最も優しい脱毛方法はコチラ
妊娠中や出産直後でも、実は脱毛出来ないことはありません。
しかし、処理を断るサロンがほとんです。
もちろん、脱毛に使うマシンや光が胎児に影響を与えたり、産後の体に悪影響を及ぼすということではありません。
それであれば、危険すぎて普通の状態でも脱毛しようとは思えないですよね。
妊娠中や産後すぐにサロンで施術ができない理由としては、女性のホルモンバランスによるところが大きいでしょう。
妊娠中はもちろんのこと、出産後も、女性はホルモンバランスが崩れがちです。
妊娠すると食べ物の嗜好が変わったり、それまで1回も貧血になったことが無いような人が貧血になったりします。
他には急に頭痛やめまい、吐き気などもあり、体調が安定しない方も多いでしょう。
妊娠している女性の体には、いろいろな変化があります。
毛に関して言えば、妊娠前よりも濃くなったり薄くなったり、今まで無かったところから生えてきたなんてこともありますね。
これらはホルモンバランスの変化によって引き起こされているのです。
当然側サロンとしては、キレイしてあげたい気持ちはありながらも、お客様の体第一ですから、
ホルモンバランスがもとに戻ってから来店するよう案内せざるをえません。
ですから、家庭で自己処理する分には問題はありません。

 

ただし注意しておきたいのは、医療機関によるレーザー脱毛は、エステサロンなどの脱毛のように特定商取引による法律が適用されない点です。
エステなどでは途中解約金に関する規制やクーリングオフ制度などが適用されますが、医療機関の脱毛は医療行為とみなされるために適用外となってしまいます。
中にはそこを悪用する悪質な業者もいるようですので、信頼できる医院やクリニックを選ぶのは、万が一の時のためにも重要ですね。

 

 

ありがとうございました。